気温低すぎてiPhoneの電源が落ちる件 【対策方法】

今日からむちゃ寒いよね!!

バッテリーがまだ20%ほど残ってるのに突然「プツン」と電源落ちました。

その後、立ち上がらないっていうのを復活させる方法。

壊れたわけではないです。

Apple製デバイスは、広い周囲温度範囲で正しく動作するように設計されており、
最適な範囲は16°C〜22°Cです。特に重要なのは、35°Cを超える周囲温度にデバイスをさらさないことです。
バッテリー容量に回復不能な損傷を与える可能性があるからです。
つまり、そのバッテリーが一回の充電でデバイスを駆動できる時間が通常よりも短くなります。
また、周囲温度が高い場所でデバイスを充電すると、より深刻な損傷を与えることもあります。
高温な環境でのバッテリー保管でさえ、回復できないダメージをバッテリーに与える可能性があります。
温度が非常に低い環境でデバイスを使用する場合もバッテリー駆動時間が短くなることがありますが、
この状態は一時的なものです。バッテリーの温度が通常の動作範囲内に戻ると、
パフォーマンスも通常の状態に戻ります。

情報源: バッテリー – パフォーマンスを最大化する – Apple(日本)

Apple的には0度まで耐えれると言ってるけど管理人のiPhoneが強制終了されたときの温度は0度・・・
iPhone8ではならなかったから個体差と温度差によるバッテリー劣化でこんなものですかね。