【緊急】iOS 12アプデ後のiPhoneでWiFiに繋がらない・切れる、遅い不具合、原因

緊急 

iOS 12にアップデート後Wi-Fiに繋がらない解決策

※まず、ウイルスバスター・アプリ が入っている方
一旦ウイルスバスターを停止してください。
停止し、再起動してください。

ウイルスバスター停止後、またはウイルスバスターが
入ってない方は下記を手順に行ってください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

1.困ったときの再起動

そのルールをぜひ覚えて欲しいです
デバイスで何か不具合があったら
まず再起動を試してください。
お使いのiPhone/iPad/iPodを再起動すれば、
iOS12がWi-Fiに繋がらない不具合が解決できます。


2.Wi-Fiをオフ・オンに切り替える

iOS 12にアップデートしてWi-Fiに繋がらないなら
Wi-Fiをオフ・オンに切り替えてみましょう。

デバイスの下から上にスワイプして
コントロールセンターを出します。
Wi-Fiのマークを一度オフにしてからオンにします。


iOS 12にアップデート後Wi-Fiに繋がらない解決策-2


3.Wi-FiのDNS設定を「8.8.8.8」に変える

iOS 12がWi-Fiに繋がらないのは、
DNS設定の問題かもしれません。
iPhone/iPad/iPodで
「設定」 > 「Wi-Fi」に入って、
利用中のWi-Fiの右側にある
「i」のマークをタップして、Wi-FiのDNS設定を
「8.8.8.8」に変えたら、

iOS12でWi-Fiに繋がらない不具合解決できる。

4.ネットワーク設定をリセットする

iOS 12でWi-Fiに繋がらない不具合を
修復したケースも多いです。

iOS 12のiPhone/iPad/iPodで、

「設定」>「一般」>「リセット」>
「ネットワークをリセット」


の順にタップします。

リセットが終わったら再びWi-Fiに接続。

 

5.デバイスが機内モードになっていないかを確認する

機内モードとは、iPhone/iPad/iPodのワイヤレス通信
をオフにする機能です。
お使いのiOS デバイスが機内モードになっていると
Wi-Fiに繋がらないのも当然なことです。

iOS デバイスの画面を下から上に
スワイプしてコントロールセンターを出します。

「✈」のアイコンがオレンジ色なら、
機内モードになっている証拠です。
そのときは「✈」のアイコンを軽くタップして
グレー色になったら、
iOS12でWi-Fiに繋がらない不具合改善できる。