iPhone X、今年で販売終了するかも。

Apple関連情報の精度の高さで知られるKGI証券のアナリスト、
ミンチー・クオ氏も、
現行のiPhone Xは
次のiPhone発売時に値下げされることなく、生産終了となる

との予測を明らかにしました。

ちょい早めのライフサイクル。

これまでのiPhoneは、新型モデルが登場しても旧型モデルは並行して、
あるいは新興国で継続販売されるのが常でした。
今でいうとiPhone 7がそれにあたります。しかし海外アナリストの予測によると、
「iPhone X」の場合は今年の夏頃に販売を終了し、新型iPhoneにモデルチェンジされるそうなのです。

投資家に公開した
「AppleはiPhone Xを値下げしない」というメモは、
前回の予測を補足するものです。

iPhone Xは中国にて思ったよりも評価を得られていないそう。
これは、iPhone Xのノッチによって「iPhone 8 Plus」よりも
画面が小さいという印象を持たれてしまったのが理由だとしています。

2018年秋に新型iPhoneがリリースされるのに伴い、iPhone Xは販売を終了。
つまり値下げしての販売を行なうのではなく、
完全に2018年の新型iPhoneに置き換えられるのです。
このような販売計画は、iPhoneの歴史を振り返ると珍しいものとなります。

今年の新型iPhoneは6.5インチと5.8インチの有機ELディスプレイを搭載した2モデル、
そして6.1インチの液晶ディスプレイを搭載したモデルが登場するというのがもっぱらの見方。
このうち、6.1インチモデルは廉価モデルになる可能性があるので、
わざわざiPhone Xを続投させる必要はないと判断されたのかもしれませんね。

 

ノッチが小型化、背面カメラもフラット化した「iPhone XI」

iDrop Newsが公開した、iPhone Xの後継モデル「iPhone XI」のコンセプトデザインでは、
ノッチ部分の厚みが薄くなっているほか、画面周囲のベゼルもやや細くなっています。
 
左がiPhone X、右が「iPhone XI」です。

さらに、iPhone6以降のモデルで続いている背面カメラレンズの出っ張りがなくなり、
フラットな表面を実現しています。


SIMカードを2枚挿せるデュアルSIM仕様

このほか、「iPhone XI」は、2枚のSIMカードを同時に挿入できるデュアルSIMトレイとなっています。

「iPhone XI」は、あくまでも噂に基づいてデザインされたコンセプト画像ですが、
iPhone X後継機のデザインに期待が高まります。