iPhoneのアップデートで絶対に失敗しない方法を伝授!!

Appleは不定期で最新のiOSというソフトウェアを出しています!
あまりアップデートしないとiPhoneなどに不具合が起きたりします。
しかし、iOSアップデートで失敗しiphoneが使えなくなったりデータが消えてしまった!
という経験はありませんか?

今まで失敗しなくても今後のために覚えておきたいアップデートで絶対に失敗しない方法

⑴環境を整える

wi-fiで行う場合
→下記のようなwi-fiは使用しないようにしてください。
(不安定なwi-fi・速度の遅いwi-fi・セキュリティの強いwi-fi)
特に公共のwi-fiは多くの人が使用していて速度が遅いので失敗する可能性大です。
※夜間にアップデートで失敗する方も多い。速度計測後行いましょう
 
iTunesで行う場合
→下記を必ず行ってください。
・純正のケーブルを使用する
・Cドライブの容量を十分に空ける
・強いセキュリティソフトが入っている場合は削除するか止める
・セキュリティの強いプロバイダをお使いの方はセキュリティを止める

⑵不具合のあるiOSではないか確認する

iOSによっては不具合の多いバージョンの場合もあります。
そのため、最新バージョンが出たからといってすぐにアップデートするのはあまりおすすめしません。

今までの不具合であれば、
・アップデート後の初期設定でループし、iPhone自体が使用できなくなる
・ミュージックアプリでの不具合
・メールが使用できなくなる
インターネット等で問題ないiOSか調べてから行ったほうがいいと思います!

⑶バックアップを必ず取る!
アップデートで初期化になってしまう場合も0ではないので必ずバックアップは取りましょう!
データ保存は自己管理です!!
※バックアップの仕方が分からない方は、当社にお電話ください。

⑷iPhoneを探すをオフにする

アップデート後にApple IDとパスワードを求められる可能性があるので、
事前にこのiPhoneを探すをオフにしときましょう!

⑸本体に十分な空容量を確保する

iPhoneに十分な空き容量がないと失敗しやすくなります。
最低3GB以上は確保しておいたほうがいいでしょう!(^^)!
iPhoneの空き容量確認方法は、設定→一般→ストレージとiCloudの使用状況から確認できます!