学生の方や特に女性の方 iPhone の ストレージ 確認はきちんとしましょう FIXMASTER

普段快適に使っているiPhoneでも、気が付くと容量がいっぱいになっていることがある。
ストレージの容量不足は新たに写真が保存できなくなったり、
容量の大きいアプリをダウンロードできなくなったり、
動きの遅さや不具合にもつながることもあるので余裕を持たせておきたい。

本日は、容量がいっぱいになり、iOSバージョンアップ失敗からのリンゴループ からのご来店。
icloudには全てバックアップはしている。

しかしApple_IDが分からなくなってしまい、Apple_IDを名前と該当するであろうApple_IDを検索し
3時間かかり、全て復元しました。

パソコンを使わずiPhoneだけで、しかも無料でできるストレージの空き容量を削減する方法を紹介します。

まずはストレージの残量を確認しよう
[設定]>[一般]>[iPhoneストレージ]と進むと
何にどれだけのデータ容量を使用しているかが、棒グラフからひと目でわかる。

この空き容量が5GBきると、危険水域

そこで、空き容量がかなりヤバい人は
写真を、Googleフォト という アプリをダウンロードし
写真を全て本体から、Googleフォト移行させ
本体の写真を全て一旦消しましょう。

やり方は・・・↓↓Click

とにかく、iosバージョンアップする際は、必ず本体の空き容量を
確認して、バージョンアップをしてください。

 

ちなみに、一番あかんのは

写真や、特に動画を沢山撮る方はすぐにいっぱいになり 古いデータやアプリを整理したり
と 容量問題に悩まされている方も多いかと思います💭

iPhoneストレージ容量は設定から確認することが出来ます 【設定】→【一般】→【情報】

容量が無くなってしまうと… 使用可能 0バイト と👇のように表示されます



 ストレージ容量が少ない場合、アップデート出来なかったり 大切な機能の一つの写真が撮れません(ノД`)・゜・。



実は、iPhoneは容量が少ない状態ですと バグや不具合を起こしやすいのです(; ・`д・´)💥
写真がゼロの表示になってしまったり、 再起動の繰り返しやリンゴループ状態になり使用不可に… などなど
よく見られる症状です バグを起こしてしまうと復旧させないと使用出来ず。

最悪のケースでは初期化となりデータが全て消えてしまいます💦
iPhoneの障害で復旧のご依頼を頂いたお客様は 容量が1ギガバイト無い状態で使用していたところ
バグが起きてしまった方が多いように思います 。

そうなってしまわないよう、 簡単に出来る対処法をご紹介致します🌟

・不要なアプリや写真を整理する
・キャッシュ(書類やデータ)を削除する
・PCにバックアップとして取り込み、端末から削除する
・iCloudを使用することで空き容量を増やす
・Googleフォトで写真を全てバックアップし、本体から写真を消す


これらは、すぐに実行することが出来るかなと思います♬

個人的にオススメをしたいのが、iCloud 有効活用です!

☁iCloud とは☁ インターネット上にデータの保存が出来るサービスのことです。
        
        ↓↓↓Click