iPhone 8/X/XS/XRは完全防水じゃないので要注意!

iPhone7以降のモデルには、防水性能が搭載され注目を集めていますが、皆さんは防水性能は
どこまで信頼して使用されていますか?または、どの程度の防水性能の機能を持っているのか?

防水性能があるものの水没してしまった知り合いがいる方もいるのではないでしょうか?
iPhoneの防水性能についてご案内します。

iPhoneの防水性能ってどうなの?

「防水」という性能は、海の中で撮影したり、プールで使用、お風呂で使っても大丈夫!
というイメージがある方も多いと思います。または、防水性能があっても実際にそんな使い方は
怖いと思っている方も多いと思います。
防水機能には規格があり、どの様な防水なのかを知らずに、防水性能という言葉を信じて使用する
事は、故障に繋がる危険性が極めて高く注意が必要です。

iPhoneをお風呂で使っちゃダメ?防水じゃない?

iPhoneをお風呂では使わない方がいいです。何故ならば防水であって、
完全に防げる訳ではないからです。

iPhone7以降、防沫性能耐水性能防塵性能が搭載され注目を集めましたが、
実際の性能はどうなのでしょうか?また、記載の通り「防水」では無い事に注意が必要です。

防水・防塵は規格によって性能が違う!

防水・防塵性能は、国際規格で定められた測定、試験を合格する事で性能が認められます。

iPhoneは、IEC 規格60529という等級により表記がされています。「IP○○」という表記を
見たことがある方も多いと思いますが、IPの後に続く数字によって、
防水・防塵の性能がどのくらいの規格なのかが判断が出来ます。

IPの後に続く最初の数字が「防塵性能」、二つ目の数字が「防水性能」となります。

防塵性能の表記

0 特に保護されていない。

1 人体の表面積の大きな部分、例えば手などが誤って内部の充電部や可動部に接触する恐れがない。

2 指先、または長さが80mm 超えない指先類似物が内部の充電部や可動部に接触する恐れがない。

3 直径または厚さが5mm を超える工具やワイヤなどの固形物体が内部に侵入しない。

4 直径または厚さが0mm を超えるワイヤや鋼帯などの固形物体の先端が内部に侵入しない。

5 粉塵が内部に侵入することを防止する。若干の粉塵の侵入があっても正常な運転を阻害しない。

6 粉塵が内部に侵入しない。

防水性能の表記

0 特に保護されていない。

1 鉛直に落下する水滴によって有害な影響をうけない。

2 正常な取付位置より15°以内の範囲で傾斜したとき、鉛直に落下する水滴によって有害な影響をうけない。

3 鉛直から60°以内の噴霧状に落下する水によって有害な影響をうけない。

4 いかなる方向からの水の飛沫によっても有害な影響をうけない。

5 いかなる方向からの水の直接噴流によっても有害な影響をうけない。

6 波浪または、いかなる方向からの水の強い直接噴流によっても有害な影響をうけない。

7 規定の圧力、時間で水中に浸漬しても有害な影響をうけない。

8 製造者によって規定される条件に従って、連続的に水中に置かれる場合に適する。原則として完全密閉構造である。

以上の規格をクリアしていると、IP○○の表記となります。数字が大きくなるほど、性能が優れている事となります。
また、どちらかの規格のみクリアの場合には「IPX○、IP○X」の表記となります。

IPX8の規格をクリアしている場合には、「完全防水」と表現される場合があり、防水性能に信頼が持てると言えます。
簡単に解釈をすれば、IPX8を備えていない端末は、完全ではない為、水没による浸水は十分に考えられます。

また、Appleの保証は水没に関しての保証はありません。iPhone内部への浸水など、水没の症状の故障は保証外となります。

防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。
水濡れによる損傷は、保証の対象外となります。

との内容が、Apple公式サイトに記載されていますので、iPhoneの使い方には注意が必要です。

参考:Apple公式サイト (iPhone 7 以降の防沫・耐水・防塵性能について)

iPhoneの防水性能の評価

iPhone7以降、iPhone7、iPhone7 Plus、iPhone8、iPhone8 plus、iPhone X、iPhone XRにはIP67等級に適合、
iPhoneXS、iPhoneXS Maxには、IP68等級に適合しています。

元々、Appleは防水性能を謳っている訳ではなく、「防沫性能」「耐水性能」が備わっているとしていますので、
IPの表記通りの規格をクリアしていることとなります。
また、iPhoneXS、XS Maxについては、IP68の規格に適合しているので、かなり優秀な防水性能を持っている事が推測されます。

ただし、水没の症状に関する故障は保証対象外となっている為、規格の性能に付随した使用は問題が無いはずですが、
使用環境、扱い方や経年劣化など、性能が落ちている可能性は十分にありますので、防水性能を過大評価せずに使用する事が大切です。