本日は、山口祇園祭 24日の中日「24日には市民総踊り」

山口に夏の訪れを告げる山口祇園祭は、室町時代に大内氏が京都から歓請した八坂神社の例祭で
現在に至るまで約600年もの間続いている伝統あるお祭りです。

山口市駅通り周辺で「山口祇園祭 市民総踊り」が開催されます。

毎年1,000人以上の参加者が、山口市の盆踊りの曲「大内のお殿様」に合わせて会場を踊りながら練り歩きます。