ガラスコーティング ガラスコーティングをしても結局割れてしまうのでは?

ガラスコーティングは、「割れにくくする」ものではありますが、「割れなく」なるものではありません。

「割れる」という現象は、「ねじれ」や「端からの変則的な強い力」が加わった時に生じるのですが、
これは、どれだけ硬いコーティングをしても変わりません。

スマホを落としてしまった際に、角から地面に着地してしまうと、
そこから「ねじれ」「ゆがみ」の力が一気にフレームとガラスに伝わります。そこで「割れる」という現象が生じます。
これは、ガラスコーティングであっても、保護シートであっても変わりません。

ただ、ガラスコーティングや保護シートは、垂直からの力の加わりや引っかき傷などには強い耐性を保ちます。

ですので、「ガラスコーティングをしたら割れない」ということは、決してお約束できません。
「割れにくくなる」とはいうことは出来ます。

それでは、「ガラスコーティングをする意味はないのでは?」と思われる方も多いのですが、
実際には数多くのエンドユーザー様がガラスコーティングを施工されています。

特に多いのが、今まで保護シートを貼っていたお客様なのですが、保護シートが剥がれて来る、
汚れやすい、シワが入るなどの保護シートのデメリットを感じて、ガラスコーティングに切り替えをされています。