iPhoneパスワード 10回間違えた場合 について

「iPhoneは使用できません」

この文章が画面に出てきて絶望したって方はいませんか?

実はボクも何度か経験があるんですが、
iPhoneのロック画面でパスコード間違いを繰り返すと出てくる表示なんです。

 

とにかくなんとかしなきゃと思って思い当たるパスコードを入力してみるんですが、
iPhoneの場合は入力回数に制限があるため、試せば試すほどさらにパニック状態に…

 

そこで今回は、iPhoneのロック画面でパスコードを10回間違えてしまった時」
のあれこれをまとめてみたいと思います。

パスコード入力は最大10回まで

  • 入力ミス:6回目 → 1分間使用不可
  • 入力ミス:7回目 → 5分間使用不可
  • 入力ミス:8回目 → 15分間使用不可
  • 入力ミス:9回目 → 60分間使用不可
  • 入力ミス:10回目 → 60分間使用不可
  • 入力ミス:11回目 → iTunesに接続するまで使用不可

つまりシステム的に入力ミスしてもなんとかなる回数は10回までということですね。

10回を超えて入力ミスをしてしまうと、iPhoneの画面上に「iTunesに接続」と表示されてしまい、
それ以降はiPhoneの操作をすることが全くできなくなってしまいます

iPhoneが使用不可になった場合の対処法

ロック画面のパスコードミスによってiPhoneが使用不可になった場合は、基本的にiTunesと接続してiPhoneを初期化する必要があります

その際、事前にiTunesと同期してバックアップを保存していた場合にはそのままデータの復元が可能です。

 

以下の手順でパスコードとiPhoneの初期化を行います。

  1. 同期済みのパソコンに接続し、iTunesを起動する。
  2. iPhoneとiTunesが同期し終わったら、「iPhoneを復元」をクリックする。
    「設定」が表示された場合は、「iTunesバックアップから復元」をクリックする。
  3. 日付とサイズを確認して、復元したいバックアップデータを選択する。

以上の操作でiPhoneのパスコードごと本体のデータが消去され、
再度バックアップデータからデータの復元をすることができます。

 

事前にバックアップをしていない場合は?

もし事前にiTunesでバックアップを保存していなかったり、
そもそもパソコンに接続したことがないという場合には、
「リカバリモード」というiPhoneの特殊なモードを使用してパスコードロックを初期化することができます。

ただし、当然ですがこの方法の場合iPhone内のデータを復元することはできません

 

最後にiPhoneがどうなろうと、最終的にバックアップが日々きちんとされていれば
困ることもないですよね!

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

上の画像クリックで、cloudバックアップ法
ペラペラめくる冊子になっています