【保存版】iPhoneをネット上だけで全てバックアップする方法 FIXMASTER

iPhone と Andoroid のバックアップ 
これだけは覚えましょう♡

今日は iPhoneのバックアップの説明を行います
後日、Andoroidのバックアップの説明を行います。


iPhone

iPhone のOSは、iOS です。
バックアップで注意なのは、元のiPhoneでiOSのバージョンが

例)11.1.3だとします。 → 復元先 が このバージョンより古いと復元できない。 

そこを踏まえ

Apple 製品のiPhone/iPad/iPod/MAC は

全てApple ID と Apple ID パスワードで管理されています。
そして、インターネット上でバックアップするものは、

「iCloud」

iCloud = Appleのネット上バックアップを意味します。

無料バックアップ容量は5GBしかないです

FIXMASTERは、何度もお伝えしてますが、
すべてを5GBにバックアップすることは無理です。

なので・・・

写真と動画は全てGoogleフォトにバックアップ

それ以外を iCloud にバックアップ
※LINEトークバックアップは
iCloudにしかバックアップできません。

の2つを用いて無料でバックアップ全て出来ます。

ここが重要!!

1.Googleフォト アプリ を APPストアで入手

Googleフォトで写真を全てバックアップ ←Click

2.Googleフォトで写真が全てバックアップ出来たら、
  iCloudの中の写真は全て消去する。
※Googleフォトへバックアップする時間については、
 かなり時間かかる場合があります。
 めげずに、夜中などiPhone触らないときに
Googleフォトアプリを開いたままで、放置して数日に
かけてしないといけない場合もあります。
 全ての写真・動画を完全バックアップしてから下記へ移ってください

iCloud 写真保存の解除方法

「設定」から「iCloud」へ行き、「写真」をタップして
「iCloudフォトライブラリ」をオフにするだけ。
※これで今後iCloudに写真がバックアップされることはなくなる。

iCloud まで戻ります。



この緑色はバックアップするという意味

キーチェーンはオンにする。
※キーチェーンとは色々なアプリの登録情報も保存される

上記の通り設定してください。
※ヘルスケアなどで
 バックアップが必要なければOFFにしてください。

 

3.今まで、iCloudにバックアップされている
  写真がiCloudの容量を食っている。

※今からする手順は、必ず重要!!
Googleフォトで、写真と動画を全てバックアップしてから行ってください。

iCloudへ既に入っている写真・動画のバックアップデータを
削除する手順です。
※消しても、Googleフォトに写真・動画は既にバックアップされています。

を行いました。
これにより、写真・動画は全てiCloudから
削除した状態です。

4.再度バックアップを手動で行います。

4.のiCloudバックアップオンにして、手動でバックアップを
  しようとしても空き容量が無いと言われる場合は、
  当社へご連絡ください。

5.LINEのトークバックアップを行ってください ←Click