💛Phone初心者で写真を綺麗に取りたいという方たちの為に ご参考まで💛

iPhoneで綺麗な写真を撮るコツ

iPhoneで綺麗な写真を上手く撮るにはいくつかのコツがある。ここでは7選をあげる。

●iPhoneで写真を撮るコツその1 AE / AFロックを使いこなす!

AEは自動露出、AFはオートフォーカス(ピントを合わせる)のこと。ピントや露出を合わせたい部分に対して、タップするだけでこれらを自動で調整してくれる便利機能である。デフォルトカメラアプリ内で画面をタップしたら、□(四角)が表示され、そこに露出やピントを合わせていますよとお知らせしてくれる。AE/AFロックを使うときの具体例:イルミネーションや花火を撮るときは光っている部分をタップするだけでいつもより綺麗に撮りやすい。

●iPhoneで写真を撮るコツその2 露出(太陽マーク)を手動で設定する

AE/AFロックをするとき、画面をタップしたら、□(四角)の隣に黄色い太陽マークが表示されている。この太陽マークが表示されているとき、画面上で指を上下させてみてください。露出を手動で設定できる。基本的にはAE/AFロックで十分だが、細かく設定したいときに便利なiPhoneで写真を撮るテクニックである。

指を下に下げると、暗めの写真
指を上に上げると、明るめの写真

●iPhoneで写真を撮るコツその3 iPhoneを固定し、手ブレを抑える

カメラの天敵、手ブレは邪魔者だ。初心者はこの手ブレを抑えるだけでも全然違った仕上がりになる。正面や上方向などの写真を撮るときは腕が不安定になりがちで、ブレやすいものです。そこで、iPhoneを三脚などで固定したり、机などの上に置くことでブレることのない環境を作ろう。よくiPhoneで風景や人物などの写真を撮ると言う方は、iPhoneなどのスマートフォン用三脚を購入することがオススメ。そうしたらiPhoneで写真を上手く撮ることができる。

●iPhoneで写真を撮るコツその4 フィルターを使用する

Phoneのデフォルトカメラアプリにもフィルターはある。フィルターは8種類もあり、右下の丸が3つ重なったところから選択できます。これらのフィルターとAE/AFロックなどを同時使用すれば、カメラ初心者の方でもアーティスティックな写真を簡単に撮ることができる。これは超実用てきなiPhoneカメラで撮影するコツである。

●iPhoneで写真を撮るコツその5 HDR撮影を行ってみる

HDRとは写真の明るさや暗さを調節して撮影を行う。2枚以上の写真を同時に撮影して明暗差を合成して調整してくれる機能だ。イルミネーションや風景などを撮影するときに役立つと思います。人によって写真の出来栄えについて、好き嫌いが別れる機能ではありますが、HDR撮影の画像も残しておくと面白いかもしれない。HDR撮影を行うときは、画面上部のHDRの部分をタップし、さらにオンをタップし、オンを黄色にする。

●iPhoneで写真を撮るコツその6 スクエアモードで撮影する

iPhoneのデフォルトカメラは年々進化しています。それらの機能の中にスクエアモードがあります。スクエアモードでは、正方形の写真を撮ることができる。そのため、スクエアモードで撮影される写真の形は普通の写真の形とは違う。しかし、スクエアモードならではの良さもあるので是非試してみてください。AE/AFロックはもちろん、フィルターも使用できるため、写真撮影のバリエーションが広がる。

●iPhoneで綺麗な写真を撮るコツその7 撮影タイマーを使用する

これは三脚などのiPhone固定具がある前提の話である。時間に余裕があり、より綺麗な写真を撮りたければ、撮影タイマーを使うことがおすすめ。撮影タイマーと三脚を使用すれば、iPhoneに触ることもないため、iPhoneが揺れることがほぼなくなり、綺麗な写真が撮りやすい。iPhoneで写真を上手く撮ることができる。