山口 35度 暑いですね! iPhone本体ご注意 FIXMASTER

こんにちは、お昼ごはん食べてる方も多いはず・・・・ 山口 
最高気温本日、35度!! やばいよね~。

今日は、モーニングタイムに。 「もえちゃん」ご来店。 
あれ??? 昨日ご来店のお客様!???
お顔が・・似てる。。。 親子!??!  って ことで、
お話も弾んでましたが・・・

暑い!(´;ω;`) iPhone の「高温注意」
暑い日は本体温度が高くなることで使えなくなる 場合があるので注意!

暑くなってきましたねー。来ましたよ、夏が。

 

iPhone は 電子機器 / 精密機器 です。
暑さに弱いんです。iPhone 自体の温度が高くなると、
冒頭のメッセージが iPhone に表示されて、
最悪使えなくなってしまう
場合があります。

iPhone が高温にならないために

基本的な対策として、「暑いところにずっと置いとかない」
というのが対策になります。
以下のような状況になると「高温注意」が表示されます。

  • 暑い日に iPhone を密閉された空間 (車内など) に置いたままにする
  • 気温が高い場所で iPhone を使い続ける
  • iPhone を長時間直射日光にさらす

 


「2. 気温が高い場所で iPhone を使い続ける」
がちょっとわかりにくいかもしれません。
気温が 35℃ ぐらいまでの中で、メッセージを見たり、
Safari を使ったりぐらいでは大丈夫だと思います。
しかし、マップアプリでナビとしてずっと使っていたり、
ゲームをずっとしていたり
などすると表示されてしまう場合があります。

「高温注意」が表示されたらの対処法

「高温注意」が表示されると、緊急電話 (Emergency call) 以外は使えなくなります。
通常の操作はほぼできなくなります。



iPhone は内部の温度が高くなると、
iPhone 自体を保護するために自動的で温度を調整しようとして、
内部の機能の大半を停止させます。
その際、ディスプレイに「高温注意」と表示されます。

 

こうなると、iPhone の内部温度が低くするようにしてしばらく待つ必要があります。
直射日光を避けて、比較的温度が低いところに放置しておくようにしましょう。
外に出しておくのは危険なので、カバンの中や涼しい屋内に配置しておきましょう。

iPhoneも人間の体温よりチョイ加減気味の温度が、
心地よいとおもいます。