夏場に増えるバッテリートラブル

暑くなったこの時期に増えるバッテリートラブル。
最近

外で使っていて突然電源が入らなくなった!
充電器に繋いでいたのに朝起きたら起動しない!」など、
バッテリー関連のトラブルで持ち込まれる方が増えている。

気付かないうちに高温下での使用でバッテリーが突然死してしまっている状態だ。

その様な症状は、多くのケースがバッテリーの交換で改善!

 

Phoneのバッテリーが正常に稼働する温度は?

iPhoneが正常に動作するのに最適な温度はご存知だろうか?

アップルの公式サイトによると、
iPhoneが正しく動作するのに最適な周囲温度は16℃〜22℃。
特に35℃以上になるとバッテリーや本体にダメージを与える可能性があるそうだ!

また、温度が高い状態で充電を続けることで、
バッテリーの充電容量やバッテリー自体に回復不可能な致命的なダメージを与える事もある。

なお、温度が低い状況での使用もバッテリーの駆動時間を低下させることもあるが、
温度が低い場合は致命的なダメージにはならず一時的な症状になることが多い

MacBookシリーズについては0°〜35°までで最適なパフォーマンスが出来るように設計されている。