スマホ代、1万~2万円上げ=「実質0円」是正要請で―ドコモ FIXMASTER

今まで、携帯端末0円 と各社うたっていましたが、 政治的な発言により、先手を打ったのは「ドコモ」社 ドコモとは、元々は国内電気通信事業を独占していた国営公社である日本電信電話公社であり、民営化後に誕生した企業がNTTである。しかし完全に民営化したわけではなく、3割以上の株式を政府が所有している特殊会社であり、電話回線の維持などの義務を背負っている。 グループなのだ。 要は、民営のdocomoだと思っているけども、国の線引きが大きい。 私も、2年前MNPでdocomoに変わったので、当時はありがたかった恩恵を受けた1人である。 端末4回線1台当たり、@150,000円のキャッシュバック、解約手数料もバックしてもらって・・・・ 当時60万以上キャッシュバックしてもらいました。 が、不正な過度な端末転売「携帯乞食」さんが多いのも事実、政府が発言した 料金に対してと2通りの意味があると思う。 もう端末が0円ではないと言事が世間に発言されているのだと思います。 0円でもらえるわけはない、通話料金、使用料金から捻出されているのだと、みんなも気づいているのではないでしょうか? 値下げのような、値上げにならないよう、見守りたいですね!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です