【iPhone】気温が低い真冬日は屋外での使用に要注意

「電源が落ちる」「バッテリー消耗が早まる」などの原因に

週間予報が最低最高気温共に1桁〜氷点下になっています。

これからの寒い時期は屋外でiPhoneを使用していると、
「電源が落ちる」「バッテリー消耗が早まる」といった
トラブル
が生じる場合があるので、
注意をした方が良いかもしれません。

iPhoneを含むiOSデバイスは
氷点下の環境での利用を想定していない

寒さに弱いのはリチウムイオン充電池の性質!

リチウムイオン二次電池は、気温が下がるとパフォーマンスを最大限に
発揮できない性質があります。
サポートページにも「0°~35℃の場所でお使いください」とはありますが、
「バッテリー」という項目の「パフォーマンスを最大化する」タブでは、
「Apple製デバイスは、広い周囲温度範囲で正しく動作するように設計されており、
最適な範囲は16°C〜22°Cです
」とも書かれています。
寒すぎると、適正温度下とは異なる動作をする可能性があるということです。