FIXMASTERは、中国電力の光回線サービスを7月より開始します。

NTT光コラボというのは、NTT光回線を使用しているのですが
夜間どうしても速度落ちちゃいますよね。

NTT系光回線 分岐数の問題(タコ足状態)

NTT系光回線(フレッツ光、ドコモ光などの光コラボレーションも)は、分岐数が非常に多いのが特徴です。

残念ながら、自宅まで光回線が一本の光ケーブルで繋いでいるわけではありません。

その分岐数、実は32分岐となります。

現状、家庭内の電源タップで言えばタコ足状態になっています。



管理人も、夜自宅でNTT光の速度・・・0.2M でした。☚LTEより遅いんですからどうしようもないですよね。

 

これは、NTT光をその地区のみんなで分け合っているので、速度が出ないというのは
パンクなわけです。

 

中国電力の光、(Megaエッグ)は、独自工事を行っているため、回線速度も安定しています。

 

電力系のインターネットは安い?高い?

毎月の利用料金は気になるところです。様々な光インターネットサービスがある中で
電力系の料金は比較的安いと言われています。
他社が高いと言われている理由としては、フレッツ光などの場合はフレッツ光回線料をNTTに
プロバイダ使用料をプロバイダ会社にそれぞれ支払わなくてはならないためです。

電力系は回線とプロバイダが込みの料金

電力系は回線とプロバイダが込みの料金

上記でも説明したように電力系のインターネット会社は「回線」も「プロバイダ」も持っているので
セット提供しているため月額料金も安いと言われています。

光ネット[ホーム]ギガ王 3年契約(ファミリーコース)の場合

となります。